ゆめぴりか|もちもち好きにはたまらないお米

雪国の夕暮れブランド米

その昔、北海道のお米というと「きらら」でしたよね。

寒すぎる土地というのは、お米の栽培に向かないのだな・・と思ったものです。

でも最近のお米ってすごいですね!

北海道産の「ゆめぴりか」、もっちもちの、むちむちです。

そんな「ゆめぴりか」詳しい特徴や食味、美味しい食べ方についてもお伝えします。

スポンサーリンク

北海道産ゆめぴりか

北海道鷹栖(たかす)産になります。

ゆめぴりかは、2009年に誕生した銘柄で、今や北海道の代表銘柄になっています。

ちなみにこのお米を生産している「助安農場」(すけやすのうじょう)では、

  • ゆめぴりか
  • ふっくりんこ
  • きたくりん
  • きらら397
  • ななつぼし
  • おぼろづき

と6種類のお米を生産しています。

冷涼・低湿な土地の性質を生かして、低農薬での生産を目指しているそう。

北海道のお米は年々美味しくなっているので、他の品種も気になるところです。

スポンサーリンク

ゆめぴりか|食味は?

冒頭でも書きましたが、かなりのモチモチ・むっちりとした粘りが特徴です。

でんぷんの成分「アミロース」の含有率が低い、低アミロース米なので強い粘りを持っているのです。

タンパク質の含有率も低めで、炊きあがりが柔らかいことも特徴。

そのせいでしょうか。

夜にお米をといで浸水(6時間くらい)→タイマーで翌朝に炊けたご飯を食べてみたら、ちょっとベチョっとしてしまいました。

勿体ない・・

やや少なめの水加減で、浸水時間を1時間で炊いたところ、粒の食感もありつつ、もっちり!

上品な甘さで鼻にぬけるようなお米の風味もあって、かなり美味しくいただけました。

ゆめぴりか

炊きあがりがつやつやしているお米は美味しいんですって。

ゆめぴりか

もちーーっとくっついてきます。

ほんのり甘くて、おこわのような食感。

しょっぱいだけのおかずよりは、甘辛のおかずに合いそう。

「てんむす」にしたら美味しいんじゃないかな・・と思い「天かす」をかけてめんつゆを垂らし「悪魔のおにぎり風」にして頂きました。

くせになるもっちり感ですね。

スポンサーリンク

まとめ

北海道のお米って、なんとなくスッキリさっぱりしたイメージだったのです。

この「ゆめぴりか」のモチモチ感はすごいですね。

粒が立ったお米が好きな方には、あまり好まれないかな?

そして、炊き方を間違えるとただの柔らかい米になってしまいます。

浸水は長くしすぎず、水分は少な目で炊くと際立って美味しい!

炊き方には気を付けて下さいね。

タイトルとURLをコピーしました