書類ぶちまけ!横浜市「林文子(はやしふみこ)」市長とIR誘致問題

猫とパソコン 気になる情報

横浜にIR誘致、要は「カジノを建設する」と聞いてびっくりした方も多いのでは?

英断?を下したのは「林文子」市長。

誘致に関しての答弁後に書類を「放り投げた」シーンがばっちりカメラに残ってしまいました。

しかもその後、市長室前に通じる階段を「封鎖」。

事の経緯を調べてみました。

スポンサーリンク

問題の書類ぶちまけシーン

林市長、選挙の時は「カジノは作らない」と言っていた人なのですね。

 

会見で記者に「有権者に対する裏切りでは?」など、厳しい質問をされたのが原因と言われています。

その後、「手が滑った」と釈明。

 

後日、問題の市長室前をナゼか立ち入り禁止に。

厳戒態勢ですね。

なぜこんなことに?

 

カジノの誘致が良いのか悪いのかは別にして・・

 

「作らない」と言っていたのに納得のできるような説明もなく、突如「誘致派」に翻ったことが原因です。

市長本人は「時間をかけて、検討した結果」とされています。

 

では、どうして突如横浜にカジノを誘致しようとするのか?

「観光収入の減少」を補うためというような説明ですが・・

 

実際のところ官邸、菅官房長官からの打診があったからでは?と言われています。

菅さんの天敵?望月氏もお怒り。

スポンサーリンク

まとめ

現状、反対派の市民によって「リコール」の動きも。

これまでも、市長に対する不満の種はあったようで・・

まだまだ目が離せません。

タイトルとURLをコピーしました