大坂なおみ選手育てた吉川真司コーチとは?二重国籍で日本登録の理由と今後

news スポーツ

2019年グランドスラムで2勝目を挙げた大坂なおみ選手。

その大坂選手の才能に早くから気付き、日本での活動を支援していた「吉川真司」コーチ。

日本で生まれ3歳でアメリカに渡った大坂選手が、日本の選手として活躍するようになった理由は、この吉川コーチとの出会いにあります。

この吉川コーチと大坂選手の出会いや、大坂選手の国籍の今後について調べてみました。

スポンサーリンク

大坂選手を見出した|吉川真司コーチとは

吉川真司コーチプロフィール

氏名:吉川真司(よしかわ まさし)

生年月日:1978年1月31日

出身大学:亜細亜大学

コーチ資格:日本テニス協会公認S級エリートコーチ

 

吉川真司コーチは、日本女子テニス協会の女子代表のコーチ。

2013年東レ・パンパシフィック・オープンの1回戦のリストから、大阪なおみ選手を見つけて、その才能にいち早く気づいた方です。

勝った選手でなく、負けた選手のリストから見つけ出したというのは凄いですね。

 

 


アメリカでは埋もれていた存在の大坂選手を見つけた吉川コーチ、大坂選手が来日した際には、練習所の確保などをして支援し続けました。

大坂選手が日本人としてプレーするのにはこのような理由があったのですね。

スポンサーリンク

大坂選手は二重国籍状態|今後は?

現在は日本人選手として活躍している大坂なおみ選手ですが、現在はアメリカと日本の二重国籍状態。

日本の法律上22歳までにアメリカか日本、どちらの国籍になるのかを選択する必要があります。

1997年10月16日生まれの大坂選手、現在21歳。

つまり、2019年の10月16日までに国籍を決める必要があるのです。

2020年には東京オリンピックも開催されますね。

日本人選手としてこのまま出場されるのか、アメリカ国籍を選択してアメリカの選手として出場するのか、大変気になる所です。

このまま日本の選手として続けていくかにも思えますが、現在の大坂選手の居住地はアメリカのフロリダ州なのですね。

日本語も片言のように見えますし、日本に移住というのは少し難しいのかな。

どちらの国籍を選択するのでしょうか?

スポンサーリンク

大坂なおみ選手の姉、大坂まり選手の存在

大坂なおみ選手には、2歳年上の姉の「大阪まり」さんがいて、同じくテニスプレーヤーとして活躍しています。

お姉さんは日本国籍を選択したのですね。

スポンサーリンク

まとめ

大坂なおみ選手が今後どちらの国籍を選択するのかはわかりませんが、より一層の活躍の期待される選手です。

追記

コーチ陣は総入れ替えになって、最近は彼氏ができたみたいですね。

タイトルとURLをコピーしました