太らないお酒!?焼酎がダイエットに良い理由を解説

お酒

糖質制限ダイエットが流行ってますよね。

糖質ってご飯やパンだけではなく、ビールやワインなどのお酒にも入っています。

でも、この糖質を含まないお酒もあるんですよ。

同じお酒なのになんで??

調べてみました。

お米が原料の日本酒と米焼酎の違い

お米でできた「日本酒」と「米焼酎」。

原料は同じでも、日本酒には糖質が含まれていて、米焼酎には糖質は含まれません。

理由は、作り方にありました。

日本酒は醸造酒(じょうぞうしゅ)といって、お米のでんぷんを糖化→発酵させてアルコールにしたもの。

お米にかぎらず、果実などお酒の原材料の糖分を発酵させたのが醸造酒なのです。

いぬ

ビールも醸造酒だよ

一方焼酎は、蒸留酒(じょうりゅうしゅ)。

蒸留酒というのは、醸造酒を蒸留して作ります。

まず醸造酒を作ってさらにそのお酒を蒸発させて、その気体を再び液体にしたものなのです。

焼酎の他、ウォッカ、ラム、ウイスキー、ブランデーなども蒸留酒に含まれます。

焼酎を作るために使う醸造酒の原料は、麦やイモ、米、栗など様々。

じゃあ「米焼酎」が、日本酒を蒸留して作られているのかというと、そうでもないんです。

日本酒はそのまま飲めるよう完成されたお酒。

米焼酎用に醸造されるお酒は、日本酒とはまた違った酵母や方法で作られています。

なのでそのまま飲むことはありません。

ちなみに、同じく米を使った蒸留酒に「泡盛」がありますね。

普通の焼酎は2段仕込みといって、2回に分けて糖をアルコール化しますが、泡盛は一度にアルコール化する「全麹仕込み」。

使用する麹の種類も違います。

この原料と製法の違いによって、同じ蒸留酒でも「泡盛」と「米焼酎」は全く違った味わいになっています。

蒸留酒が太りにくいわけ

材料の糖質が残っている醸造酒と比べて、蒸留酒はいったん気化させているので糖質は含まれていません。

糖質ゼロのお酒なのですね。

ただし、蒸留酒のカロリーはゼロではないです。

アルコールに含まれるカロリーは、100ミリリットルあたり140キロカロリーほど。

とはいえ、アルコール分のカロリーは、体内に残らないので脂肪や糖に転換されることはありません。

糖質を含まないこと、体に残らないカロリーということで、「蒸留酒」は太りにくいお酒ということですね!

まとめ

  • 焼酎
  • ウォッカ
  • ラム
  • ウイスキー
  • ブランデー

などの蒸留酒は、糖質を含まないので、太りにくいお酒です。

糖質を含むビールにも「糖質ゼロ」をうたった商品はありますよね。

ただし、おつまみで太るので気を付けましょう。

タイトルとURLをコピーしました