アイリスオーヤマの枕「匠眠 高さ調整8通り ハイクラス」の口コミ・使ってみた感想

家電・雑貨
スポンサーリンク

家人用に「アイリスオーヤマ 匠眠」を買いました。

ネットで買える、カスタムメイドの枕です。

  • カスタムメイドの枕の調整
  • 買ってみて気づいた「綿の枕が意外とかたい」
  • 体が大きい人の枕の選び方

などについて書きました

アイリスオーヤマ匠眠 選んだポイント

アイリスオーヤマ 枕 匠眠 高さ調整8通り

 

「アイリスオーヤマ匠眠の高さ調整8通り」の特徴は、

  • 調整のポケットが4か所
  • 高さ調整用ウレタンシート付き(2枚)

部位別に4か所、自分で詰め物を出し入れして高さ調整できます。

全体的な高さは、最後にウレタンシートで調整。

中材は

  • ポリエステル綿(やわらかめ)
  • ビーズ(かため)

の2種類。

今回は「やわらかめ」のポリエステル綿に。

生地がメッシュ地なので、通気性アリ&丸洗いできるところもポイント。

サイズは

  • S(32センチ×45センチ)
  • M(37センチ×57センチ)

カバーがよくあるサイズ(45×65)に近い、Mサイズにしました。

比べた商品

同じような価格帯の商品に、昭和西川の健康サポート枕があります。

昭和西川健康サポートまくら

 

昭和西川の健康サポート枕の方は、

  • ポケットが2か所
  • 高さ調整のウレタンシートが1枚

迷ったのですが、調整幅の大きい「アイリスオーヤマ匠眠」に決めました。

アイリスオーヤマ匠眠 こんな感じ

高さ調整のウレタンシートは

  • 1センチ×1枚
  • 2センチ×1枚

の2枚入っています。

シートを出し入れしやすいように、後ろ側のメッシュ地の面は4隅が切ってあるデザイン。

「高さ調整シート」を出すと、詰め物を入れる部分が出てきます。

「高さ調整シート」以外は一体型。

メッシュ地の部分から「枕本体」は取り外しできません。

(別途カバーは付いていません。)

アイリスオーヤマ匠眠 調整してみた

ファスナーを開けると、袋のようになっていました。

奥には綿がぎっしり。

ポリエステル粒わた。

フワッとした綿が、少しずつかたまりになってるのですね。

ひっぱったり、ちぎったりしなくても出し入れのしやすい形状でした。

寝てみた感想

一応、寝る前にちょうどいいという高さにしましたが・・

翌朝になってちょっと首が痛いと言い出しました。

どうも、体部分がマットレスに沈みこむ分、調整したよりも枕が高い状態で寝てたらしいです。

※イメージ

確かに、首の部分だけで頭をささえたら首が痛くなりそう。

「やわらかめ」?つぶ綿(わた)は意外に高反発

枕の詰め物を選ぶときに、ソフトパイプの「かため」に対して、つぶ綿は「やわらかめ」と表記があります

確かに綿(わた)ってやわらかいけど、「つぶわた」は思ったより弾力があります。

イメージ→フワッとした枕に頭がじんわり沈み込む感じ。

実際→頭を置いても弾力があって押し返す感じ。

沈み込まずに反発してくるので「意外とかたい」寝心地になのです。

仕方がないので綿をひたすら抜いて調整したところ、「今度は枕が低くて寝ずらい」と。

高いと首が痛く、低いと寝心地が悪い・・

どうやら肩から首にかけて、こんな感じに上がっていくのがいいみたい。

全体で重みを支えれば、首や肩が凝らないのかな?

そういえば、有名な「トゥルースリーパー」はこんな感じの断面です。



低反発だし、夫の主張する「理想の枕」に近い形。

ただちょっとお高いんですよね。

まとめ

体が大きく頭が重い人は、肩から首、後頭部にかけて、まんべんなく支える枕でないとツライようです。

家人は結局、元のまくら(フワッとしたポリエステル綿の枕)を使い続けています。

低く調整した「アイリスオーヤマの枕」で私も寝てみたところ、弾力があって首のあたりを支える感じがなかなかよかったのですが・・

※現在の姿。だいぶ低く調整しました。

枕って、体格とかマットレスとの組み合わせも大事なのですね。

  • 体の大きい人
  • やわらかめのマットレスで寝ている人

は、枕との段差が大きくなるので、選ぶときに気を付けた方がいいと思いました。

アイリスオーヤマ 枕 匠眠 高さ調整8通り

 

たまたま今回は相性がよくなかったようですが、首のあたりをしっかり支える枕を探している人には「アイリスオーヤマ匠眠」はおすすめ。

最初は綿がたっぷり入っているので、好みのやわらかさになるまで綿を出すのがポイントです。

へたってきても、出した綿を入れればかなり長く使えそうですよ。

家電・雑貨
スポンサーリンク
クチコミクエスト
タイトルとURLをコピーしました