おすすめ!楽天でできる「ふるさと納税」しくみを簡単に解説

その他

ふるさと納税は、源泉徴収で税金を支払っているサラリーマンなら、意外と簡単に申し込むことができます。

簡単に言うと「住民税」を住んでいる地域以外の都市に支払って、お礼の品をもらうしくみです。

住民税は、所得税とは違って今年度分の所得にかかる税金を、来年度に納めます。

その、「来年度に収める分」の税金を、指定の都市に「前倒しで納税」するしくみがふるさと納税。

わざわざ、住んでもいない人から納税してもらったお礼として、「返礼品」が送られてきます

返礼品は、納税額の大体3割くらいまで。

なので、1万円納税すると3000円ぶんの返礼品が送られてくることになります。ただこの返礼品、地元の名産品などが多く、現地に行かないと手に入らない物もあるのでかなりお得です。

スポンサーリンク

手続きは?

先に税金を納めてしまうので、本来なら確定申告が必要です。

ただ、ふるさと納税には「ワンストップ制」と言って、あらかじめ書類を提出しておくことで確定申告をしなくてもよい制度があります。

ふるさと納税を申し込んだ自治体からくる書類に記入して、提出することで手続きは終了。

来年度の地方税は、ふるさと納税分はすでに支払い済という処理がされます。

ただし、別の場所に納税するということで、手続き代金が2,000円かかります。

ワンストップ制が利用出来る人

・会社で源泉徴収をしている会社員
・納税先が5つの市町村以下の人

基本、会社で源泉徴収されている人が、来年分の市県民税から「支払ったふるさと納税分」を「控除」(支払い済として差し引いてもらう)してもらう手続きが「ワンストップ」制です。

1回ふるさと納税をするごとに書類を書く必要があるので、数十か所もふるさと納税する人は、確定申告した方が手間が省けます。

スポンサーリンク

どのくらいの金額を使えるの?

来年支払う税金を、先に支払うのがふるさと納税。

なので、今年の収入の見込み金額から、納税額を算出する必要があります。

そして、さらにその中からふるさと納税できる限度額を見積もります。

ケガや病気で収入が減ってしまう事もあるかもしれないので、ある程度年収が確定した年末近くに納税額の見込みを付ける方がいいですね。

上限について

自分の住んでいる自治体に支払う地方税を全部「ふるさと納税」することはできません。

計算してみたら、全部の地方税の1割くらいが限度額でした。

楽天市場のふるさと納税のフォームで簡単に計算することができますよ。

>>はじめてでも簡単!【楽天市場】ふるさと納税

楽天でふるさと納税をすると、ポイントもたまってお得です。

超えた分は納税額に含まれずに「自腹」になってしまうので、限度額はしっかりおさえたいですね。

スポンサーリンク

まとめ

Amazonギフト券を返礼品にして、話題になっていた市もありましたよね。

開始直後に比べると、返礼品に対しての規制が厳しくなってしまいましたが、まだまだお得なふるさと納税。

返礼品で納税先を選ぶ際には、その土地の名産で品質の良い物を選ぶことがポイントですよ。

タイトルとURLをコピーしました