楽天の「ふるさと納税」で美味しいお米をお得にもらえるよ|しくみを詳しく解説

ブランド米

ふるさと納税の制度は、源泉徴収で税金を支払っているサラリーマンなら、簡単に利用することができます。

いぬ
いぬ

「住民税」を住んでいる地域以外の都市に支払って、お礼の品をもらうしくみだよ

住民税は、所得税とは違って今年度分の所得にかかる税金を、次の年(来年)に納めます。

その、「来年度に収める分」の税金を、指定の都市に「前倒しで納税」するしくみがふるさと納税。

(わざわざ、その都市に住んでもいない人から)納税してもらったお礼として、「返礼品」が送られてきます

返礼品は、納税額の大体3割くらいまで。

なので、1万円納税すると3000円ほどの返礼品が送られてくることになります。

ただこの返礼品、地元の名産品などが多く、現地に行かないと手に入らない物もあるのでかなりお得なんですよ!。

スポンサーリンク

ふるさと納税の手続き|ワンストップ制について

先に税金を納めてしまうので、本来なら確定申告が必要です。

ただ、ふるさと納税には「ワンストップ制」と言って、あらかじめ書類を提出しておくことで確定申告をしなくてもよい制度があります。

必要書類に記入して、納税をした自治体に提出すれば手続きは終了。

来年度分の地方税(市県民税)は、ふるさと納税分は差し引かれて納税します。

なので、実質支払うお金は手数料の2,000円だけ。

ワンストップ制が利用出来る人

・会社で源泉徴収をしている会社員
・納税先が5つの市町村以下の人

会社で源泉徴収されている人が、来年分の市県民税から「支払ったふるさと納税分」を「控除」(支払い済として差し引いてもらう)してもらう手続きが「ワンストップ」制です。

ワンストップ制が適用されるのは5つの自治体まで。

数十か所もふるさと納税する人は、確定申告することになります。

スポンサーリンク

どのくらいの金額を使えるの?

来年支払う税金を、先に支払うのがふるさと納税。

なので、今年の収入の見込み金額から、納税額を算出する必要があります。

そして、さらにその中からふるさと納税できる限度額を見積もります

ケガや病気で収入が減ってしまう事もあるかもしれないので、ある程度年収が確定した年末近くに納税額の見込みを付ける方がいいですね。

上限について

税金の計算ってややこしいですよね。

ここでひるんでしまいそうですが・・

楽天市場のふるさと納税のフォームで簡単に計算することができます!!

税金や社会保険料を引かれる前のお給料の総額と、家族の人数で算出できます。

>>はじめてでも簡単!【楽天市場】ふるさと納税

楽天でふるさと納税をすると、ポイントもたまってお得ですよね。

いつものお買い物ついでに、ふるさと納税ができるのは便利。

スポンサーリンク

楽天でふるさと納税をする際の注意点

私も今年からはじめたのですが、いくつか注意点があります。

購入は納税する人名義で行うこと

ふるさと納税に見せかけた商品に注意

たまーに、商品名に「ふるさと納税」と入っているまぎらわしいものがあります。

ふるさと納税の商品は、ワンストップ制についてや、納税についての説明が出てくるので確認しつつ購入しましょう。

書類について

商品を購入すると、まず「ワンストップ制」に使用する提出書類が届きます。

自治体によっては、書類を自分で準備してこちらから送るパターンもあるので確認した方がよいでしょう。

提出書類には、住所や氏名、マイナンバーの番号を記入、押印して返送します。証明用にマイナンバーカードのコピーも必要になるので準備しておきましょう。

限度額を超えないこと

超えた分は納税額に含まれずに「自腹」になってしまうので、限度額はしっかりおさえたいですね。

限度額は、収入が多ければ多いほど枠が大きくなります。

手続きを忘れない事

当たり前ですが、手続きをしないと「納税」扱いになりません。

支払ったつもりの地方税をまた支払うことになるので、忘れずに書類を提出しましょう。

スポンサーリンク

まとめ

返礼品で納税先を選ぶ際には、その土地の名産で品質の良い物を選ぶことがポイントですよ。

返礼品には「肉」や「魚介」が人気ですが、当たりはずれもあると聞きます。

そこで私は毎回お米を注文しています!

その地域で取れたブランド米が、返礼品でもらえるのはかなりお得。

冷蔵庫がパンパンになることもありません。

年収のめどがついて、ふるさと納税をはじめる秋ごろが、ちょうど新米の時期なのもポイント。

人気の銘柄はなくなってしまうこともあるので、早めにチェックしておきましょう!

タイトルとURLをコピーしました