ファンタビまだ見てないの?ファンタスティックビーストはこんな映画

海辺に置かれたスーツケース ファンタビ

1926年、イギリスの魔法動物学者のニュート・スキャマンダーが不思議な「魔法動物」の入ったトランクを持ってニューヨークにやってきたところから物語は始まります。

この魔法動物が逃げ出したことによって、魔法界と人間界も巻き込む大騒動に。

ハリーポッターシリーズでおなじみのJ・K・ローリングが制作・脚本。
デビット・イエーツ監督。

アカデミー衣装デザイン賞受賞。

ハリーポッターシリーズの70年ほど前の時代を描くスピンオフ作品で、主人公のニュートはハリー・ポッター達の教科書の著者でもあります。

現在公開されているのは

「ファンタスティック・ビースト 魔法使いの旅」
(原題 Fantastic Beasts And Where To Find Them)
2016年

「ファンタスティック・ビースト 黒い魔法使いの誕生」
(原題 Fantastic Beasts: The Crimes of Grindelwald)
2018年

の2作品。

シリーズは5作で完結の予定です。

今回の主人公は、子どもではなく大人の魔法使い。そのため「ハリーポッター」より少し大人の雰囲気。

当記事では、この「ファンタスティックビースト」シリーズの初回作「魔法使いの旅」の

  • おおまかなあらすじ
  • キャスト
  • おすすめポイントや口コミ

などについてお伝えします。

スポンサーリンク

ファンタスティックビーストの第一弾「魔法使いの旅」とは

あらすじ

不思議な生き物「魔法動物」が入ったトランクを持って、イギリスからニューヨークへと渡った魔法動物学者「ニュート」。

そのニュートのトランクと、普通の人間である「ジェイコブ」の持つトランクが入れ替わってしまったことから物語が始まります。

人間の手に渡ってしまった魔法動物を追いかけるニュートと、飼育が禁止されている魔法動物の存在に気付いて取り締まろうとするアメリカの魔法省の「ティナ」。
ニュートは無事に魔法動物を取り戻せるのか?

キャスト

ニュート・スキャマンダー (エディ・レッドメイン
ティナ・ゴールドスタイン (キャサリン・ウォーターストン
ジェイコブ・コワルスキー (ダン・フォグラー
クイニー・ゴールドスタイン (アリソン・スドル)
パーシバル・グレイブス (コリン・ファレル)
クリーデンス・ベアボーン (エズラ・ミラー)

どんな人におすすめ?

魔法世界の映像が素晴らしく、ボーっと眺めていても楽しい映画です。気分転換がしたい人に特におすすめ。

ハリーポッターと同じ魔法世界の話ですが、こちらの方が先の時代設定。ハリーポッターを見ていなくても問題なく見られます。

シリーズ作品なので、次の展開への伏線もありますが、わかりやすいストーリー展開なので子どもも楽しめました。

主人公はザ・ヒーローという感じではなく、少々変わり者で頼りない部分もあるのですが、思わず応援したくなる不思議な魅力があります。
魔法動物も可愛いだけだと飽きてしまいますが、まさしく「ビースト」という狂暴な物やおかしな生態を持つ物など色々。

ハリーポッターシリーズとの違い

ハリーポッターシリーズは、小説を原作とした映画になっていました。

今回のファンタスティックビーストシリーズは、脚本書下ろし。

主人公の行動や場所も映像化ありきで考えられているため、セリフで内容を補足するような部分は少なく、自然なストーリー展開になっています。
大人の物語ですが、子どもでもわかりやすいのはこの点ですね。

ハリーポッターシリーズとつながりをもたせた小ネタも楽しみです。

どこで見られるの

◆テレビ放映は、2018年11月に放送済み。2作品目の、映画の上映に合わせての放送でした。

3月にBSでの放送決定

ファンタジックビースト 魔法使いの旅|2019年3月にBSで放映決定
ファンタビシリーズのテレビ(地上波・BS含む)放映の情報を随時お伝えします。 (新着順) 2019年...

 

◆DVD販売中

ネタバレなし・雰囲気がわかる口コミ

予備知識がなくても楽しめる映画です。

オッサンがカワイイとの口コミ。好みもありますが、魅力的な登場人物です。

スポンサーリンク

「魔法使いの旅」を見終わったら「黒魔法使いの誕生」へ

ファンタジックビースト 魔法使いの旅は、1話完結になっていますが続きも気になりますね。

ファンタビシリーズ2作目の「黒い魔法使いの誕生」は現在公開中。

3作目以降の作品のポイントとなる作品です。

ファンタビ最新作「 黒い魔法使いの誕生」を見る前これをチェック
ファンタスティックビースト「黒い魔法使いの誕生」が絶賛公開中。 世界中で公開されていますが、日本での動員数は世界で...


にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
ポチっとお願いします

タイトルとURLをコピーしました